転職したいけどスキルがない20代必見!キャリアの考え方と転職のポイント

この記事は約6分で読み終わります。

転職したいけどスキルがない、と悩んではいないでしょうか。20代の転職は、スキルよりも本人の将来性や熱意がより重視されます。キャリア形成ができる業種や会社への転職で、自分自身のスキルアップを目指しましょう。 今回は、転職したいけどスキルがないと悩む20代に、成功のポイントを紹介します。

スキルがなくても転職できるのが「20代」

転職したいと考えているものの、スキルがないために一歩を踏み出せない20代は多いでしょう。ですが、20代はスキルがなくても転職しやすい年代です。

最初に、20代の転職との向き合い方からみていきましょう。

20代の市場価値はスキルだけではない

転職はスキルや業務経験がないと難しいといったイメージがあるものの、20代の市場価値はスキルだけではありません。

確かに、多くの企業が中途採用に求めるのは、即戦力となって働ける能力です。ですが、若い20代の転職者は社会人経験が不足しているのが大前提で、基礎学力や素養、価値観、人柄といった本人の成長の可能性、すなわちポテンシャルがより重要視されます。

吸収力があって育てやすく、伸び代がある若い優秀な人材は、企業の発展に欠かせません。

数年でも社会人経験があり、基礎的なビジネスマナーを習得していれば、新人教育の手間を省けます。そのため、企業の多くは新卒で入社してから3年前後で転職する、いわゆる20代の第二新卒を積極的に採用しています。

20代の転職は、専門的なスキルがなくても就業できるチャンスです。異業種に挑戦しやすいのも、若い20代の転職ならではのメリットでしょう。

30代からはスキルがないと転職は難しい

ただし、同じ20代でも30歳に近づくと、採用では人柄以外にスキルや実績がより重視されるようになります。30代からは能力の高い人材も市場に増えてきて、企業としてもなるべく教育コストがかからない人材を選びたいためです。

また年齢が上がるほど、管理職としてのマネジメント経験も求められ、転職のハードルが高くなりがちです。転職できても年収が下がったり、新しい職場に馴染めなかったりとデメリットがあるため、20代のタイミングを逃さず転職を成功させましょう。

スキルがない20代が考えるべきキャリア形成とは

スキルがなく自信がもてない20代は、将来的なキャリア形成を見据えた転職を行うことをおすすめします。

スキルがない20代が考えるべき、キャリア形成についてみていきましょう。

転職先は本気でやりたいと思った仕事を選ぶ

20代はキャリアの再挑戦がしやすいとはいえ、転職で理想の働き方をしていくには、続けられる仕事かどうかも重要です。仕事で苦労はつきものですが、それを乗り越えてこそキャリアや経験を積むことができるといえます。

転職先を考えるなら、まずは、本気でやりたいと思える仕事かどうかをしっかりと考えておきましょう。

スキルアップはキャリア形成の方法のひとつでしかない

スキルを身に付けていくことは、あくまでもキャリアを形成する手段のひとつでしかありません。スキルがないから転職できない、ではなく「転職でキャリア形成を目指す」に意識を変えてみましょう。

とはいえ、キャリア形成にもさまざまな軸があります。役職をあげる、組織への貢献度を上げるといった上昇志向だけでなく、「スキルを高めて上の資格を目指す」「できる仕事の幅を広げる」といった方法も選択肢のひとつです。

より柔軟に、自分が目指すキャリア形成の方向を意識してください。

重視すべきは専門スキルではなく「汎用的なスキル」

これから長く続く社会人生活のなかで、20代はキャリアの土台を築く時期です。20代の転職では専門性の高い資格よりも、どの仕事でも通用する汎用性の高いスキルを身につけることを重視しましょう。

たとえば、計画力や交渉力、問題解決能力、プレゼンスキル、論理的思考力などはどこで働くにも必要で、30代や40代で身につけるスキルの支えになります。

30代以降は業務範囲や責任が増え、余裕がなくなることもあります。20代の若いうちに、幅広い仕事で共通して求められるスキルを身につけておきましょう。

20代でスキルがなく、これからキャリア形成を目指したい人であれば、資格がなくても挑戦でき、業界的にも成長性の高い仕事を選ぶと良いでしょう。

おすすめは施工管理です。建築需要が高まるなか担い手が少ないことから、現在は売り手市場となっています。

施工管理では、スケジュール管理、品質管理、安全管理、原価管理、環境管理などの幅広い業務を担当するため、さまざまなスキルを習得できます。汎用的なスキルを身に付け、新たな転職先を探すことも可能なほか、施工管理の専門職としてキャリアを築いていくこともできます。

ただし、未経験での転職は厳しいことも多いです。未経験であれば、派遣として働くなかで資格の取得を目指すと良いでしょう。

施工管理派遣を行う共同エンジニアリングでは、若い年代を対象にキャリア相談も行っています。自己分析のサポートにも対応しているため、ぜひお気軽にご応募ください。

スキルがない20代にすすめたい企業選びのポイント3選

最後に、スキルがない20代におすすめしたい、企業選びのポイントをみていきましょう。

20代の転職先選びでは、汎用的なスキルを身につけられる会社かどうかが重要です。次の3つを中心に、やりがいのある仕事を見つけましょう。

教育制度が充実しているかどうか

20代は、これから仕事をするうえで欠かせない、キャリアの土台をつくる時期です。転職先には、教育制度が充実している企業を選ぶことをおすすめします。

企業選びでは、入社後の研修がしっかり行われているか、若手の資格支援のキャリアサポートがあるかをチェックしましょう。ビジネスマナーや自己啓発セミナーの実施、ジョブローテーション制度を導入している企業もおすすめです。

大企業やメガベンチャーといった資金力のある会社は、比較的社員への教育制度が行き届いている傾向があります。未経験の異業種からの転職でも挑戦できる会社は多いので、ぜひチャレンジしてください。

大規模な案件に関われるかどうか

大規模な案件に関われるかどうかも、20代が転職先企業を選ぶ重要な判断ポイントです。

一般的に、規模が大きい案件ほど予算が多く、幅広い業務を経験できることが多いです。また、多くの人が関わりながら働くことで、コミュニケーションスキルも養えるでしょう。

とくに大企業なら、20代の若手でも業界の最先端技術や、国が関わるプロジェクトに携われることもあります。着実にスキルや経験を身に付けたいなら、こういった要素も重視しましょう。

社内異動(キャリアチェンジ)がしやすいかどうか

20代の転職先選びでは、社内で異動のチャンスがあるかもチェックしてください。

20代はこれからスキルを得て、才能を開花させる時期です。業務に取り組むなかで新しい仕事にやりがいを感じたときや、自分の強みが明確化できることもあるでしょう。その際に社内でのキャリアチェンジがしやすい環境であれば、理想の働き方を実現させやすいです。

施工管理においては、スキルを広げて管理本部へ、技術者としての知識を活かして営業職へと、キャリアを広げていくことも多いです。学び直しをして、施工管理の知識や技術をベースにIT関連の仕事に進むことも夢ではありません。

大企業を中心に、キャリアチェンジしやすい環境が整っている会社も増えてきているので、注目しておきましょう。

まとめ

「転職したいけどスキルがない・・・」と、引け目を感じる必要はありません。若い20代だからこそ転職で良い仕事に就ける可能性があり、これからのスキルアップが目指せます。

迷ったら、施工管理の仕事を選ぶのも選択肢のひとつです。キャリア形成ができる派遣で、やりがいのある仕事を見つけましょう。