仕事は主体的に動くからこそ楽しい。勇気にはステージで返してくれる会社

入社3年目 で人財企画本部 採用部 東日本採用課に所属する吉田梨香さん。現在のメイン業務は、中途採用の面接担当とそれに付随する書類対応や母集団の開拓。今回は、彼女の3年間の軌跡を伺いました。

この記事は約7分で読み終わります。

「人」に寄り添い、背中を押してくれる環境だと思った

―――就職活動はどのようにされていましたか。

就職活動では、人と話したり周りの方々と協力したりできる仕事を探していました。学生時代にチェーンの定食屋にて3年間アルバイトをしており、そこでお客様や一緒に働く方々とコミュニケーションをとるのが楽しかったからです。もう一点、安定した業界や会社で長く働いていきたいと考えていました。ですから業界は衣食住に関わる建設や製造などで、職種は営業職や総合職を希望していました。

―――共同エンジニアリング株式会社との出会いについて教えてください。

登録していた転職エージェントのキャリアアドバイザーさんからのご紹介で知りました。業界も会社も安定していて、将来的にもAIに取って代わられることがなさそうな職業だと思い応募しました。正直、面接を受けたのは会社説明会の流れでしたが、採用する側になった今ではこれが戦略だったんだなと(笑)とはいっても、共同エンジニアリングに出会えてよかったなと思っています。

―――共同エンジニアリングの面接を受けた際に印象に残っていることはありますか。

私の面接で印象に残っているのは、「かなり人を深掘りしてくれる選考だ」ということです。例えば小、中学校で何をしていたかなど、面談のような感じで生い立ちから細かく聞いてくださいました。正直、当時受けていた面接では見た目で判断されることも多かったんです。

なので、そういう会社は初めてでした。入社してからは、人の適性を見て判断するのが共同エンジニアリングの面接スタイルなのだとわかり、私も価値観や考え方を引き出せるような面接を心がけています。

―――採用部はご自身で希望されたのですか。

元々は施工管理職で内定をいただいたのですが、やっていけるか不安になって相談したところ、「採用職で働いてみませんか」とお声がけいただきました。新卒で採用職の募集はなかなかありません。人との関わりを持てる仕事ですし、チャンスだと思ってお受けしました。

―――3年間働いてみての感想はいかがでしょうか。

特に入社後のギャップもなく順調に過ごしていますが、思ったより数字目標に厳しい部署だということは驚きでした。応募がないと面接はできないので、営業職のように個人予算が決められていて、開拓のアポ取りなどをする必要があります。

ただ、この働き方が今のやりがいにもなっています。仕事である以上、成果を求められるのは当然。ある程度目標があったほうが、自分の行動を決めやすいですね。評価指標も数字なので、会社で活躍していくには自走できる人間でいることが重要だな、と。上司は個人の適性を見て、合っていることを勧めてくれますので、よく見てもらえていると感じています。

自分の提供価値を追求した3年間

―――入社してからの思い出について教えてください。

入社当時は何もかも未経験だったので、正直不安はありましたね。ただ、入社して3ヶ月から半年は、新卒1名につき教育担当が1名つき、OJTをおこなってくださいます。最初の半年でかなりていねいに教えていただけるので、それぐらい経つと自然に「自分からいろいろとやってみたい」「任せてもらいたい」と思えました。

1年目に特に頑張ったのは、「人前に立つこと」です。私は人と話すことは好きなのですが、基本的には人見知り。人前で話したり目立ったりするのは得意ではありません。ですが、「研修の司会をやってみないか」と上司から相談されたことがきっかけとなり、研修会の司会や会社説明にチャレンジをしてみました。2年目からはコロナ禍で、リアルのイベントはすべてオンラインに切り替わっています。今思うと、あの時期に勇気を出しておいて良かったですね。

ちょうど3年目になる2021年4月に本社勤務から大宮営業所に異動になりました。採用担当が1人という環境で、自分で判断し、営業に連携すべきことが激増。おかげでかなり成長しました。判断に悩むときは、周囲の営業にも相談します。営業ならではの視点は非常に参考になるので。また、拠点は違いますが採用部はチームで活動しています。離れている分、直属の上長にも早く相談することを意識しています。

―――お仕事をされていて大変だと思うことはありますか。

基本的に「大変なことはどの仕事でもある」と思っています。ですから何かあると落ち込むよりも次回への対策を練ることを意識しています。

大変なことといえば、当社への一番多い入社経路は紹介会社様なのですが、そこの開拓の調子が悪いことですね。そんなときは1つの経路に頼らず、ハローワークやリファラル紹介などさまざまな手法を検討します。1人でも多くの方の選択肢に入るために、母集団の開拓にも励んでいます。

あとは、採用担当は人と向き合う仕事なので、もちろん自分の思い通りにいかないこともあります。内定辞退もありますし、かなり臨機応変な対応を求められることも。中途採用を担当しているとキャリアのある40代、50代の方も面接させていただくので、まだ若い私を見て態度が変わる方もおられます。

でも、だからこそ、どんな人にも敬意を持って接する方の人柄がとても素晴らしく思えます。そのような方は、現場においても活躍される方が多いなと感じます。

そして、入社した方が現場で活躍したり資格を取ったりと成長していく様子を見ると、本当にうれしく感じます。採用担当の醍醐味だなぁと思います。

―――お仕事をされていて一番うれしかったことは何ですか。

新卒入社後10カ月経過し、月間予算を初めて達成できたときや、それ以上のパフォーマンス出せたときはやりがいを感じましたね。

共同エンジニアリングでは、承諾数や入社数が目標数値となっており、個人予算が決まっていて、それを達成するためどう行動していくかを常に考えています。達成のために、100件くらいのリストを作ってひたすら毎日アポを取っていたので。初めて達成したときは新卒ということもあり会議で発表もしてもらえました。今年から採用部の定例会議で、MVPや頑張りを表彰する仕組みもできます。やはり褒められるのは嬉しいですね。

また、紹介会社様から内定受諾のご連絡をいただいて「面接担当者の方の雰囲気が良かったので」と言っていただくことがあります。面接ではざっくばらんに話せる場づくりを心がけているので、それが評価されたときはとてもうれしく感じますね。

個の力を活かすプロフェッショナルが集まるところ

―――職場の雰囲気はどうですか。

現在の大宮営業所は、部署の垣根を越えて相談がしやすくいい雰囲気です。採用部も頼りになる方々で困ることはありません。社風的に個人主義で放任なところがありますので、自分で決めて動くことが得意な方に向いている職場ですね。オフィスもきれいで女性も多く働いていますし、女性管理職もおりますのでキャリアパスがイメージしやすいです。

多様性や働き方改革に意識が向いている会社で、当然ですが36協定も順守しています。従業員数の約3割が女性で、3年ほど産休育休を取得して戻ってくる社員もいますし、実績もかなりあるので全く心配していません。私自身も、結婚して子どもが生まれたあとも働き続けたいと思っています。

―――共同エンジニアリングにマッチするタイプ、求める人物像を教えてください。

社員は、基本的に個人プレーができて、相談ごとがあれば周囲を頼れる、自立したタイプがほとんどです。きちんと自分の数字や行動を管理するしっかり者が多いですね。入社してから会社の色に染まったというよりは、もともとそういう気質の方が集まっていると感じます。ですから、自主性や行動力がある方のほうが社風には合うのではないでしょうか。また、施工管理なので、コミュニケーション能力がある方、すぐに諦めない継続力のある方が向いています。

ただ、皆さん控え目で、前に出たがる人が少なめですので、発信力や提案力のある方がジョインしてくださると、また雰囲気もいいように変わるかと思います。

―――就職・転職活動中の方にメッセージをお願いします。

当社は他業界、他職種からの転職が8~9割です。前職は塾講師、接客業、事務職、飲食関係などさまざま。コミュニケーション能力が求められますので、接客業からの転職者は多いです。この業界が初めてでも、やる気のある方を積極採用中です。未経験から現場配属1年半で施工管理技士補の資格取得をされた方もいます。あなたの熱意を当社は後押しします。一緒に頑張りませんか。